Notepad.

Icon

いい国つくろう。

「いい国つくろう」と言えば、鎌倉幕府が成立した年、1192年のことですね。僕と同世代の人はもちろん、それ以外の人にとってもあまりに有名なこの語呂合わせは、日本史の年号の中でも最も正答率の高いもののひとつではないでしょうか。

ところが現在の教科書では、鎌倉幕府の成立は1185年としているようです。恥ずかしながら、僕はこの事実をついさっき知りました。皆さん知ってました?

そもそも何をもって鎌倉幕府の「成立」とするのか。1192年はご存知の通り、源頼朝が征夷大将軍に任命された年。1185年は朝廷から源頼朝に守護・地頭の任命を許可する“文治の勅許”が下された年ですね。Wikipediaから引用すると、

かつての通説によると、鎌倉幕府は、1192年(建久3年)に源頼朝が征夷大将軍に任官されて始まったとされていたが、頼朝の権力・統治機構はそれ以前から存続しており、現在では実質的な成立は1192年より前すなわち1185年であるとする説が支配的である。

ということになります。実際、歴史研究家の間では鎌倉幕府成立時期について他にも5つ以上の説があり、源頼朝が明確に政権の成立を宣言していないこと、鎌倉幕府が段階的に武家政権としての体制を整えたことなどから、現在でも専門家の間に議論を生んでいるようです。

・・・・・・・・・・

教科書に話を戻すと、「いい国つくろう」以外にも実に多くの項目について改訂が行われています。歴史や科学の分野では日々新しい発見がされているでしょうから、教科書の内容が変わっていくのはしかたのないことでしょう。

これまで常識だと思っていたことが現在の教科書では覆されている。頭では解っていても、やはり違和感がありますよね。今後、子供たちにものを教えるときには色々と注意しないと大変なことになりそうで怖いです。教えるつもりが、子供と一緒にお勉強……まぁそれも悪くないですけどね(笑)。

Advertisements

Filed under: monology,

季節外れの花見。

仕事からの帰り道、自宅近くの公園で10人ほどの女子高生を見かけた。時刻は19時を回った頃だろうか。太陽はとっくに沈んでいて、いくつかの街灯と微かな月の明かりくらいしか辺りを照らすものはない。でも彼女たちはそんなこととは関係なく、キャアキャアと楽しそうだった。

ここまでは、はっきり言ってわりとよく見かける光景だろう。特に取り立ててブログに書きたてることもない、どこにでもある日常のひとコマだ。でも僕が見かけた彼女たちは、明らかに日常のひとコマとは言いがたい光景だった。

彼女たちはまるで春の花見のように、レジャーシートの上で車座になって楽しそうにお弁当を食べていたのだ。11月の東京は僕の知る限り、花見に向いた花も咲かなければ屋外で弁当を食べるのに適した気温でもない。ましてや完全に陽も沈みきった時間帯だ。しかし、アルコールこそ(恐らく)飲んでいないものの、花などひとつも咲いていない何かの木の下で、すぐ側にあるベンチに座らずにわざわざ数枚のレジャーシートを広げ、和気あいあいと楽しそうにお弁当を食べているその光景はまぎれもなく花見のそれそのものだった。なんというかとてもシュールな光景で、通りすがりに思わず二度見してしまった。

こんな季節のこんな時間帯に彼女たちを花見(正確には花を愛でているわけではないけれど)に駆り立てたのは一体なんだったのだろうか。やっぱり若さかな。

・・・・・・・・・・

……というわけで、久しぶりにブログを更新してみました。上の話には特にオチはありませんので悪しからず。

ちょうど11ヶ月間、思うところあって飲食業界で仕事をしていましたが、その会社を9月いっぱいで退職し、現在はまた元のフリーランスとして活動しています。来年には法人化しようと考えていることもあり、現在はその準備期間というか助走期間というか、いろいろと面白い種を蒔いていきたいな、というところです。

気がつけば今年も残りあと50日とちょっと。健康に気をつけながら張り切っていきましょう。

Filed under: diary, monology, ,

Twitter @HirokiTsukamoto