Notepad.

Icon

野菜のポタージュ。

涼しくなり、めっきり料理づいているヒロキです。今日は野菜のポタージュを作ってみました。

before

野菜を適当な大きさにカットして軽く炒めてから水とコンソメ、ローリエの葉を足して柔らかくなるまで煮込み、ローリエを取り出してからbamixでペースト状になるまで回すだけ。塩・胡椒なんかで味を微調整して、牛乳か生クリームで伸ばすと出来上がりです。これはカンタンで美味しい。

after

今日のはタマネギ、ジャガイモ、セロリ、ニンジンを使っています。個人的にセロリは重要かと。隠し味にシナモンとか入れても美味しいかもしれないですね。野菜のバリエーションは季節や気分でいくらでもアレンジできるので、トマトベースにしてみたり、ジャガイモとカリフラワーをメインにしてビシソワーズ風にしてみたり、なかなか楽しめそうな予感です。

Advertisements

Filed under: cooking,

ザ・オムライス。

久しぶりにオムライスを作ってみました。なかなか上手にできたので、セルフメモとしてのレシピ的な覚書。お子様ランチ的ではなく、大人の夕食としてのオムライスです。


・チキン(適量)はやや大きめのひと口サイズに切り分けて、塩と胡椒をしておく。

・タマネギ(適量)とショウガ(少し)はみじん切り。ショウガは端っこを何切れかキープしておく。

・米を研いだらショウガの端っことチキンコンソメを足して、やや固めに炊いておく。

・チキン、タマネギ、ショウガを炒める。飴色の手前くらい。

・塩と胡椒で味を整えつつ、ケチャップ、ウスターソース、醤油、デミグラスソース(それぞれ適量)でチキンライスの味を作る。

・コンソメご飯が炊けたらフライパンで炒めながら和える。味の最終調整も。

・バターでふわふわに焼いた卵をのっけて完成。

分量が全て「適量」になってますが(笑)、個人的に甘い味付けやケチャップが好きではないので、かなり渋めの味わいに仕上がってます。今日は使わなかったけどマッシュルームを一緒に炒めてもいいかもしれない。あとチキンライスの味を作る時に赤ワインを足すとよさそう。卵に関しては、我々シロートは無理してふわとろオムレツを作らずに、ふわとろのスクランブルエッグを作ってチキンライスに乗せた方が失敗しないと自負しています。

Filed under: cooking,

赤坂 希須林

午後から所用で溜池山王にいたんですが、ちょうど1年ほど前に当時のオフィスの先輩に教えてもらった美味い担々麺の店が近いことを思い出したので、散歩がてら赤坂見附まで足を伸ばしました。「希須林(きすりん)」というお店です。系列店があちこちにあるようですが、赤坂店は唯一の担々麺専門店とのこと。

そもそも僕は唐辛子がダメなので、担々麺を自発的に食べようとはまず思わないんですが、初めてこの店の「汁なし担々麺」を食べたときは、それまで抱いていた担々麺のイメージがガラガラと崩れ去りました。とはいえ、5段階から選べる辛さの一番下をチョイスしてますけど(笑)。


ゴマをふんだんに使ったタレはクリーミーとも呼べるほどマイルドで、程よい太さ・固さの麺に絶妙に絡みます。これがシャキシャキしたもやしとも相性抜群。器から立ち上る香ばしい香りが食欲をそそります。ツレがオーダーした「汁あり担々麺」も美味しかったです。

平日のランチタイムには数十分待ちの列ができる店なので、ご存知の方も多いかもしれませんね。担々麺ラブな方、機会があればぜひお試しを。

Filed under: restaurant,

Graf&Lantzのフェルト・トート。


FeedTweetを導入してみたので、テスト代わりに気になったトートバッグでも紹介してみます。Graf&Lantzのハンドメイド・フェルト・トート。デザインの良さもさることながら、オールハンドメイドによる品質の良さも魅力的。素材のフェルトは耐久性に優れ、抗菌・防臭効果も期待でき、廃棄されても自然に還るというステキマテリアルらしいです。

ちょうど今、伊勢丹で日本初上陸記念のオーダー会をしているみたいですね。別にオーダーカラーじゃなくてもいいんだけど(笑)。価格も手頃だし、実物を見て気に入ったら買っちゃおうかと企んでいます。

Filed under: fashion,

Twitter @HirokiTsukamoto