Notepad.

Icon

バジル・ペースト。

ここ5年ほど、毎年バジルが美味しい季節になると恒例になっているバジル・ペースト。今年もいそいそと作ってみました。いちいち分量を量りながら料理するのがキライなのでいつも目見当で味を見ながら作るんだけど、今回は自分好みのポイントを計量しながら作ってみました。


以下、備忘録としてレシピ(アバウトだけど)。

・バジルの葉:80g
・松の実:50g
・パルミジャーノ・レッジャーノ:30g
・ニンニク:1片
・オリーブオイル:100cc
・塩:ほんの少し

バジルは茎から葉を外し、よく洗ってから水気を拭き取る。松の実はから煎りしておく。あとはミキサーやバーミックスで混ぜるだけ。パルミジャーノの塩分があるので、塩はなくてもいいくらい。松の実の量をコントロールすることで、コッテリからサッパリまで調整できると思います。

茹で上がったスパゲッティを和えるだけであっという間にジェノヴェーゼになるし、リゾットの仕上げに混ぜてもいい。野菜スティックや温野菜のディップとしても美味しい。イカやエビなんかをさっと茹でてシーフード・サラダを作ったらドレッシング代わりに少しかけて食べると相性抜群。冷やしトマトに添えても夏のツマミとして秀逸。簡単だけどすごく便利なので、よかったら試してみてください。

Advertisements

Filed under: cooking,

6 Responses

  1. Yukarin says:

    おもしろそーだからやってみまーす!

  2. hiroki says:

    >Yukarin
    ぜひぜひ、お試しあれ♪

  3. shino says:

    美味しそう!!
    ジェノベーゼ大好きです。

    ミキサーを使って作ったことあるのですが、イマイチしっとりしなかったです。

    分量なんですかね?道具なんですかね?

  4. hiroki says:

    >shino
    バジル美味しいよね^^

    しっとりするかどうかは、オリーブオイルや松の実、パルミジャーノのバランスかもしれない。オイルが多めだとサラッと仕上がるし、チーズが多めだとわりとコクが出る。
    人それぞれ好みのバランスがあると思うので、自分好みを目指して調整しながら作るのもまた楽しいね。使い道によっては少し生クリームを混ぜてもいいと思います。

  5. うさこ says:

    自分で作ると好みの味にできていいよね?
    しかし、マメだな~~♪
    ちょっと見習わなくては←最近サボってるw

  6. hiroki says:

    >うさこさん
    確かに、自分で作る最大のメリットは好みの味に調整できる事ですね。あとツマミ食いができること(笑)。

    ハッキリ言って、うさこ姐さんの足元にも及びませんよ。見習うだなんてとんでもないです!

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: